吹き付けアスベスト除去システム

有害なアスベストは、ただ剥がせば良いというものではありません!

アスベスト除去処理工事において最も重要なことは、
1、 作業中に発生するアスベスト粉じんを作業場外にださないこと。
2、作業者をアスベスト粉塵から守ること。
3、住居者にたいして安全な状態で建物を解放すること
の3点です。


セキュリティーゾーン(洗身施設)設置

アスベスト処理作業場はポリエチレンシートで密封隔離し、負圧除じん装置により作業場を負圧として、発生するアスベスト粉じんを作業場外へ出さないようにしています。
作業者はアスベスト粉じんから身を守る防護衣(粉じん防護性の高いタイベック製)と防護マスク(フィルタ区分RL3)を装着し、セキュリティゾーンを経由して除去処理作業場に入ります。

 

除去作業中は、出来るだけアスベスト粉じんの発生を少なくするため、アスベスト材には粉じん飛散抑制剤を十分に吹付けし、湿潤状態を維持して除去作業します。必要に応じ気中にも抑制剤を散布し、アスベスト粉じん濃度の低減を図って作業を進めます。


密封養生


アスベスト除去中

 


シャワー洗身風景

作業者が処理作業場より退場する際はセキュリティゾーンの直前においてあらかじめ、ヘルメット・マスク・防護衣等に付着したアスベスト繊維を取り払います。そして前室にて防護衣等を脱ぎ捨てて、マスクをしたままシャワー室で全身を温水洗身又はエアー洗身します。次に更衣室へ移動して防護マスクを顔面から外しますが、その際にマスクのフィルターは廃棄します。そしてマスク本体は流水にて入念に洗浄し、アスベスト粉じん一切外に持ち出さないようにしています。

 


アスベスト廃棄物

尚、除去したアスベスト材は乾かないうちにポリエチレン袋に一次梱包し、処理作業場より搬出する際に二枚目のポリエチレン袋に再度密封して、外部仮保管場所へ集積保管致します。
アスベスト除去完了後には処理作業区域全体の再清掃を実施し、除去処理表面と密封養生ポリエチレン等表面には粉じん飛散防止剤を充分に吹付けして、目に見えない残存アスベスト繊維の飛散防止の処理をします。その後、負圧除じん装置・エアーシャワー・掃除機等の装置ない洗浄等を出来ない機器の開口部等は全て完全密封をして、スクレーパー・ブラシ等や工具もアスベストをはらい、厚手のポリエチレン袋に密封し場外搬出します。又洗身シャワー廃水や工具等洗浄廃水は、吸水性樹脂等により処理して廃アスベスト材同様袋詰めし最終処分とします。

 

作業場の隔離解除方法は、粉じん飛散防止処理後の作業場内にてエアーモニタリングを実施し、財団法人日本建築センター石綿処理技術でのアスベスト繊維数値のと同じおよそ10f/L以下であることを確認のうえ、ポリエチレン密封養生シートを撤去し解放しています。

 この他、わが社は封じ込め処理作業も承って居りますが、よほどの事情等で除去できない場合を除き、処理後に一番安心な除去処理することをお勧めいたして居ります。