現在使用中の煙突は大丈夫ですか?

 


降雨降雪により煙突口のアスベストがボロボロになっている

1991年(平成3年)頃までに建設された、ボイラーや非常用発電機に接続されている煙突には、圧縮筒状に成型製造された『カポスタック』『ハイスタック』等を代表とした煙突断熱材が使われており、これらには毒性が強いと言われているアモサイト(茶石綿)が含有されていて、特にカポスタックは最大90%も含有されている断熱材です。
煙突は高温な酸性ガスの通り道であるとともに、雨水による乾湿や、降雪寒冷地で繰り返す凍結・融解などにより、アスベスト含有断熱材の結合材が劣化して膨潤状態となり、繊維の崩れや剥離落下という悲惨な状況になっています。
ボイラー等稼働中にアスベスト層が脱落した場合、そのアスベストは排煙と共に噴出して、煙突周囲にいる方々や周辺住民の肺胞には、ミクロのアスベスト繊維が吸い込まれていると推測されます。


煙突内が今にもふさがりそうになっている

 一般的に吸い込まれたアスベストは、胸膜肥厚斑や石綿肺、死亡率の高い悪性中皮腫などを引き起こし、健康面の影響がもっとも懸念されるところです。国や各自治体の法的な対策基準はなく、環境への影響もはっきりわかっていないものの、早急な煙突アスベスト含有断熱材の調査と、劣化している場合は、除去処理が絶対必要と思われます。

 

誰も知らないアスベスト発生源 !!

 

 

誰も知らないアスベスト発生源!! まさかのアスベスト!?(PDF) 
くわしくは、こちらをクリックしてください。表面 裏面

 

Hi-jet ARC工法の特徴
作業イラストを見る
施工エフロー図
作業風景ビデオ
現在使用中の煙突は大丈夫ですか?
煙突アスベストに関するQ&A
アスベストによる健康障害
アスベストの発生源?!